大会長講演



 第6回日本循環器理学療法学会学術大会の大会長、東京保健医療専門職大学の田畑稔先生の大会長講演は、本学術大会の最大の目玉といっても過言ではありません。​今回の学会のテーマは「心血管疾患の重症化予防に資する心血管理学療法ー健康寿命の延伸を図るための方策の構築ー」です。心血管疾患の理学療法では、患者さんの身体機能の回復はもちろんのこと、再発予防・重症化予防が極めて重要な目標です。大会長の長年に渡る臨床、研究、教育活動から語られる理学療法の重症化予防の可能性について、じっくり拝聴させていただきたいと思います。


順天堂大学・高橋哲也