日本循環器理学療法ガイドラインについて



 2011年の理学療法診療ガイドライン第1版発刊から10年が経過し、各分科学会がそれぞれの領域を担当した理学療法診療ガイドライン第2版が医学書院より出版されています。この4月からは、電子版が日本理学療法士協会の会員限定コンテンツにて無料で公開されています。皆さん、既にご覧になったでしょうか。

 本ガイドラインでのCQは「心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン」において、有用性は述べられていてもエビデンスに乏しい内容でしたが、明日への提言、Future Research Questionと、現時点での結論と課題が非常にわかりやすく述べられています。本セッションでは、ガイドライン・用語策定委員を務め、YouTubeで歌唱力も披露している舟見先生が解説していただけます。


日本医療大学・近藤和夫

総合南東北病院・舟見敬成