第6回日本循環器理学療法学術大会の開催に向けて

更新日:7月17日





 田畑稔大会長(東京保健医療専門職大学)および山本周平準備委員長(信州大学付属病院)の強いリーダーシップのもと,運営委員の先生方のご尽力により第6回日本循環器理学療法学術大会の準備が順調に進んでおります.


 私は財務部長として主に学術大会における収支の管理を担当しており,参加される先生方が少しでも充実した2日間をお過ごしできるように,各部門の運営委員の先生方と密に連携しながら予算の調整をしております.企画部長の片野先生を中心に,若手の先生からベテランの先生までご参加されるすべての先生方がご満足いただけるような内容を準備しておりますで,お支払い頂く参加費以上の価値がある学術大会になると確信しております.ぜひ,本学術大会にご参加頂き,皆様の臨床や研究をさらなる高みへ導くための一助として頂ければ幸いです.


 皆様のご参加、演題登録を運営委員一同、心からお待ちしております。


第6回日本循環器理学療法学術大会

財務部長 根本慎司