【渉外部長挨拶】第6回日本循環器理学療法学術大会の開催に向けて

更新日:7月17日


田畑稔大会長(東京保健医療専門職大学)および山本周平準備委員長(信州大学付属病院)の強いリーダーシップのもと,運営委員の先生方のご尽力により第6回日本循環器理学療法学術大会の準備が順調に進んでおります.


私は渉外部長として主に学術大会に協賛していただける企業を募り、賛助企業との調整をしております。例えばランチョンセミナーや協賛セミナーなどの設定や企業ブースなど、循環器理学療法学会を運営する際にも多くのサポートが必要になります。これは学術大会のみではなく、普段の我々の臨床でも各企業の製品や機器を使用することが多いと思います。つまり臨床においても学術においても企業からのサポートはとても重要です。今後も循環器理学療法学分野の研究や臨床の発展のためにも、企業との連携もとても重要になります。学術大会といえば著名な先生の講演や皆様の日頃の臨床の積み重ねである一般演題がメインにはなりますが、ぜひ学術大会にご参加の際には企業のブースや資料などをご覧いただけばと思います。


学術大会は片野唆敏先生を中心に企画部の先生がとても興味深いプログラムが予定されております。ぜひ,本学術大会にご参加頂き,皆様の臨床や研究をさらなる高みへ導くための一助として頂ければ幸いです.皆様の参加が、未来の循環器理学療法を築いていきます。


皆様のご参加を運営委員一同、心からお待ちしております。


第6回日本循環器理学療法学術大会

渉外部長 河野裕治