第6回日本循環器理学療法学術大会の開催に向けて

更新日:7月17日


 田畑稔大会長(東京保健医療専門職大学)と山本周平準備委員長と共に、全国からの熱意ある運営スタッフが協力し第6回日本循環器理学療法学術大会の準備を進めております。本学術大会は2日間のハイブリッド開催ということもあり、片野企画部長を中心に現地で参加される方々、Webで参加される方々の全ての参加者が充実した学会プログラムとなるように計画しております。新人からベテランのすべての先生方が基礎から最新の知見まで多くのことを学ぶことができる時間を過ごしていただけると考えています。


 「心血管疾患の重症化予防に資する心血管理学療法ー健康寿命の延伸を図るための方策の構築ー」という大会テーマということで、高齢化の進んでいる日本において循環器疾患を有する多くの高齢者の重症化予防、そして健康寿命延伸に繋がるような理学療法の知見の共有や活発な議論ができることを願っております。


 私は運営部長として田畑大会長、山本準備委員長をはじめ多くの各部門の先生方と協力し、参加者の目線を常に考慮しながら参加登録から2日間の学術集会まで参加者の皆様が安心して学術大会に参加できるような学会運営を心がけていきたいと考えています。


 皆様のご参加を運営委員一同、心からお待ちしております。


第6回日本循環器理学療法学術大会

運営部長 中村慶佑